FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

タマラのロマンス小説

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 アラビアンナイトに煌めいて 5 アラビアンナイトに煌めいて 7
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit
   

アラビアンナイトに煌めいて~高木裕里先生コミカライズ~

アラビアンナイトに煌めいて 6

 
 アラビアンナイトに煌めいて 5 アラビアンナイトに煌めいて 7
***

 アラベラはこれまでのいきさつをベッドの上で座りながら考えた。ミスター・ナジムが一度たりとも悪人に見えなかったことや、わたしがロフサーネに似ているということ。

中近東の国でも、国際結婚を繰り返して居れば、わたしに似た容貌の女性が居てもおかしくない事実に戸惑う。

 わたしに指輪を渡したのは、ロフサーネ本人かしら?

 思い詰めた瞳、ヒシャブの中から漏れた金色の髪、瞳の色はヒシャブが影を落とし、わたしの瞳と同じかどうかなんて良く分からなかったけれど、背格好は似ていたような気がする。
 
 婚約者だけど、結婚が嫌で逃亡したの?

今時、考えられないくらい、ラシードは横暴な君主っぽいもの。

そうかと思えば、急に・・・・・・。

左耳の上のジャスミンの花にそっと触れると、熱を持ったように温かく感じた。

わたしの髪に触れ、花をさしたときは優しい人だと錯覚したわ。

きれいだって囁いた時の瞳に、わたしの心がときめいた。

誰にでもああゆうことをするの?

ロフサーネを愛していて、ロフサーネとわたしが似ているから魔がさしたの?

わたしはアラベラ・マーロン、友人からはベラって呼ばれているわ。

ロフサーネとは別の人。

シャワールームへ行き、髪の毛からジャスミンの花を抜き取っても気持ちは乱れる。

備え付けの蜂蜜シャンプーで髪の毛を洗っても、ジャスミンの花の芳しく鮮明で懐かしい香りは消せない。

冷蔵庫の中に昨日買ったのと同じ、可愛いボトルに入った水を発見して飲むと、気分も和らぎ、空いたボトルにジャスミンの花をいけた。

ラシードがくれたから飾るわけじゃない。

ジャスミンの花がきれいだからよ。

この匂いに包まれたら、誰でも幸せを感じるはず。

実際、アル・ファールド国で起こったトラブルも忘れたかのように、甘いジャスミンの香りに包まれた白い夢を観て目覚めた。

朝、目覚めると幾何学模様の掛け布団の上にジャスミンの花がふんだんに乗っていた。

間違いなくラシードの仕業だわ。

鍵は開けられるようだけど、好意でしてくれたことに対しては怒れない。

必要な駒のためなら、ここまでするということかしら。

だけど、気持ちが嬉しいのは事実だわ。

少なくとも今日は休戦しよう。

泥棒の疑いは一応、晴れたかも知れない。

髪の毛を結って、いつものように白いシルクのブラウスと濃紺のタイトスカートの仕事着に着替え、ウエストポーチを身に着ける。

とりあえず、このシャリーヤホテル内に居れば問題ないでしょう。

アーチ型の窓の外には超高層ビルと宮殿を模したホテルが調和良く並び、砂が山の稜線のように美しい姿で横たわっている。差すような熱い光に澄み渡った快晴の濃く青色の空。

 寝室のドアを開けて、ジャスミンの飾っていたソファーへ向かうと、テーブルの上にはどっさりと朝食が乗っていて、そこには昨日と同じ、アバーヤ姿のラシードが居た。

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   アラビアンナイトに煌めいて~高木裕里先生コミカライズ~
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
  • 【アラビアンナイトに煌めいて 5】へ
  • 【アラビアンナイトに煌めいて 7】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。